スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珪酸カルシウム 

野菜を作る時、酸性の土壌をアルカリ性にする為に消石灰とか苦土とか蒔くじゃないですか。
永田野菜を作る時は珪酸カルシウム(ケイカル)を蒔くんです。
(石灰のように土が硬くならないそう)
そのケイカルがどこにも売ってなくて、仕方なく消石灰を蒔いたんです。
でもね、これじゃあ永田野菜じゃないと思ってあちこち探しまわりました。
先週、まだ行ってなかったカインズホームへ行ってみたらあったんですよ~、"鹿島ケイカル1号"
よく見ると珪酸の他に苦土とか混ざってて・・・違うと思って買わずに帰ってきました。
後でわかったことですが、諏訪さん(「おいしさのつくり方」の著者)も"鹿島ケイカル1号"をお使いのようなのでこれで良かったみたい・・・

私はJA(農協)で見つけました。"全農くみあいケイカル"20Kgで530円、"鹿島ケイカル1号"のほうがジュース1本分ぐらい安いけど、うちからカインズホーム遠いのよ~、JAなら近いしお兄さんは感じよかったし(関係ないか?)「お電話頂けたら配達しますよ~」だって。
中身も同じみたいです。
カインズホームが近くにないという人は、JAならどこにでもあるから行ってみてはいかが?

後から蒔いてもいいのかわからないけど、早速、畑に蒔いてきました。
どの野菜もいまいち育ちが悪いので、これで良くなるかもしれない・・・


スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

ほぼ日からフラフラとやって来ました。珪酸カルシウム、ウチもつまずきました~。JAで見つけたんですか!来年はチェックしないとっ。
夏野菜の生長、楽しみですね。またのぞかせていただきます☆

B型のヨメさんへ

はじめまして♪
ケイカル、やっぱりつまずきますよね。
でも見つかって良かったですよ、やっと永田野菜が作れるって、ホッとしてます。
JAをチェックしてみてください。あると思いますよ。
またお時間のあるときにでも寄ってみてください。お待ちしてま~す。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nikonikosaien.blog60.fc2.com/tb.php/34-41bf734b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。